MENU

クリニック 特徴 診療案内 治療・検査 ブログ

治療・検査

IBS / SIBO

IBS4つの発症プロセスと治療法IBSのプロセス

image

現在考えられている発症機序は次の通りです。

感染性腸炎からIBSが発症するプロセス

image

1.感染(Infection)

カンピロバクター菌、サルモネラ菌、病原性大腸菌、赤痢菌などによる食中毒(感染性腸炎)を起こす。

image

2.免疫応答 (Immune Responce)

食中毒による胃腸炎の原因となる病原菌が放出する外毒素に対して、免疫反応が起こり「抗CdtB抗体」が産生される。

image

3.自己免疫反応 (Autoimmunity)

抗CdtB抗体に対する交差反応(自己免疫反応)により自己抗体(抗vinculin抗体)が産生される。抗Vinculin抗体が細胞を支えるタンパクであるVinculinの他にタイトジャンクション(細胞接合構造物)、神経細胞を破壊する。

image

4.IBS下痢型またはIBS混合型 (IBS-D or IBS-M)

腸の蠕動が阻害され、Migrating Motor Complex(MMC:空腹時に起こる腸の大きな蠕動で、異物や異常増殖した細菌を掃除する役割がある)の活性が低下する。これがIBS(下痢型、混合型)やSIBOの原因となる。

感染の既往がないとされるIBS患者でも調べてみると、なんとIBS-D、IBS-Mでは有意に抗体価が高いことがわかり、特にIBS-Dでは60%近い人が抗体を持っていたと言うのです。つまり、IBS-DやIBS-M(場合によってはSIBO)と診断されている人の多くは、自覚症状はないものの過去に感染性腸炎に罹患したことをきっかけとして、抗CdtB抗体や抗Vinculin抗体などの自己抗体が産生され、これらによる自己免疫反応によるIBS(またはSIBO)の症状を発症していることが明らかになってきたのです。

先述のように、これまでIBSの診断は基本的には除外診断であり、確定診断を行うには他の疾患(例えば食物不耐症、炎症性腸疾患など)でないことの証明が必要でした。しかし、この画期的な検査のおかげで、IBSの中でも特に下痢型と混合型ではこれらの抗体検査が陽性の場合、ほぼ100%の確率で「IBS」と確定診断ができるようになったのです。

 

IBSの4つの治療法

※ここでは主に保険適用となっている治療法を紹介しています。SIBOに対する抗菌療法等は自費診療となります。
SIBOの治療法≫

1.生活習慣の見直し

過労・ストレスを避けることや十分な睡眠・規則正しい食習慣が必要です。
緊張状態は胃酸や消化酵素の分泌を減らし、胃腸の蠕動を低下させます。
また食事内容としては便秘型の人には、根菜類を中心とした食物線維が有効です。

 

2.薬物療法

生活習慣の改善にも関わらず症状が強い場合には薬物治療を行います。
薬物療法で最初に用いるお薬としては、消化管機能調節薬と呼ばれる腸の運動を整える薬や、プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など生体にとって有用な菌の製剤)、あるいは高分子重合体といわれる水分を吸収し便の水分バランスを調整する薬があります。
これらのお薬は下痢症状が中心の方、便秘症状が中心の方のどちらにも用いられます。
下痢型の方には腸の運動異常を改善させるセロトニン3受容体拮抗薬(5-HT3拮抗薬)、また便秘型の方には便を柔らかくする粘膜上皮機能変容薬も用いられます。
また下痢に対しては止痢薬、お腹の痛みには抗コリン薬、便秘に対しては下剤も補助的、頓服的に使用されます。

抗コリン薬(ブスコパン) 鎮痙作用、消化管運動抑制作用、胃液分泌抑制作用、膀胱内圧上昇抑制作用などがあり、消化管、尿路や膀胱などの筋肉のけいれんや過度の緊張による痛みを抑えます。
消化管運動調整薬(セレキノン) 消化管運動調律剤トリメブチンマレイン酸塩を有効成分とし、IBSの症状を改善するお薬です。
緩下薬(酸化マグネシウム、プルゼニド、アローゼン、リンゼスなど) 水分の流入を容易にし内容物を膨潤させ、軟便を排泄させる。
整腸薬(ビオスリー、ビオフェルミン、ラックビー) ヒト由来の乳酸菌が小腸から大腸まで広く届いて定着し、すぐれた整腸効果を発揮します。
消化管運動調整薬(セレキノン) 弱った胃腸の運動を活発にして、食べ物を胃から腸へ送り出すのを助けます。
高分子重合体のポリカルボフィル(コロネル) 腸内で水分を吸収・保持し、便の固さをほどよくして便通を整えます。
セロトニンHT3受容体調節薬(イリボー) 下痢型の過敏性腸症候群に対するもので、下痢や腹痛、腹部不快感などの消化器症状を改善します。

などが選択され、そのいくつかが併用されます。
ストレスの関与や精神的要因が疑われる場合

抗不安薬(ソラナックス) おだやかな作用の心の安定薬で、不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。
抗うつ薬(ドグマチール・トリプタノールなど) 胃の粘膜の血流をよくして、胃潰瘍の治りを助けます。また脳の活動をよくして、気持ちが前向きになるのを助けます。

その他、東洋医学的な「証」に合った漢方薬が処方される場合もあります。
桂枝湯、大建中湯、桂枝加芍薬等、小健中湯、黄耆健中湯など

 

3.食事療法

これまで腸内環境に良い食材として、一般的に食物繊維や発酵食品が注目されてきました。しかしIBSやSIBOといった病態では、むしろこれらの食事が症状を増悪させるケースが多いことがわかってきました。そこで注目されているのが「低FODMAP食」です。

image

F Fermentable Sugars 発酵性
O Oligosaccharides オリゴ糖 ガラクトオリゴ糖とフルクタン
D Disaccharides 二糖類 ラクトース(乳糖)が代表
M Monosaccharides 単糖類 フルクトース(果糖)が代表
a and
P Polyol sweeteners ポリオール類 ソルビトールやキシリトール

FODMAPとは頭文字をとったもので、つまり発酵しやすい4種類の糖類のことで、これらの食事をできるだけ減らした食事が「低FODMAP食」です。
低FODMAP食は症状の改善に役立ち、IBSやSIBOの方は一度は試してみる価値のある食事療法です。
ただし、長期的には低FODMAP食のように食物繊維を含む炭水化物が少ない食事はかえって腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)を起こす原因にもなるため、症状が改善したら徐々に緩めていくことが必要です。

 

4.心理療法

「心身症」というとあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、例えば、アレルギーや自己免疫疾患、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、癌でさえも場合によっては、ご自身が気がついているストレスや気がついていないストレスも含めて、心や体にとってのストレスやその対処法ー(長年に及ぶとその人自身の生き方になっている場合もあります)ーがその発症と経過に大きな影響を及ぼしている疾患のことを「心身症」と呼びます。IBSは代表的な心身症の一つです。
「腸脳相関」という言葉のように腸と脳(心や行動)はお互いに影響し合っています。その腸内細菌の乱れさえも食べ物や生活習慣はもちろん、心理的なストレスが引き金になっていることが多くあり、心理療法が有効であることがあります。

次のページ:これまでの常識を覆すIBSに対する血液検査「ibs-smart」

image image image

トップへ戻る

内科・消化器内科・心療内科・慢性疲労・統合医療・腸内フローラ移植・SIBO
〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町8-2むービル2F(JR芦屋駅から北へ徒歩4分)
Email:lukesashiya@gmail.com
※メールで医療に関するご質問にはお答えできません。

― 予約優先制 ―
0797-23-6033

 
AM9:30-12:30
PM14:00-18:00

※土曜日9:30-14:00 ※休診日:火曜・日曜・祝日

©Luke's Ashiya Clinic