MENU

クリニック 特徴 診療案内 治療・検査 ブログ

治療・検査

発達支援外来

image

分子栄養学・心理学に基づいた統合的医療

近頃では、発達障害と診断された子どもたちに、薬物療法も行なわれることがありますが、当院ではできる限り薬物療法は行わず、まずその子の特性を評価した上で、環境調整や心理的ななアプローチをまず試みます。

必要に応じて箱庭療法という心理療法も行います。
また必要な方には医師による栄養療法も行います。
薬物を使わなくても、家族、特に親との関係を調整したり、偏った食事を整えていくことでよくなっていく子も多くいます。

最初は子供の相談で来院した方も、結局は親御さん自身が変わられて子供さんがよくなっていくというようなケースもあります。
当院では、長年小児の発達相談に携わってきた臨床心理士とともに相談をお受けいたします。
是非いちどご相談ください。

 

3つのサプリメントからスタートする分子栄養学

消化酵素、プロバイオティクス、オメガ3の基本サプリメントからスタートします。腸の状態がよくないと栄養を吸収できないので、いくらサプリメントをとっても効果があらわれないことがありますので、消化酵素と乳酸菌でまず腸の状態を改善しましょう。
また、サプリメントに慣れたら食事療法も並行して開始しましょう。

発達障害の子どもがとりたい基本サプリメント
基本サプリメント 追加でとりたいサプリメント
  • 消化酵素(エンザイム)
  • プロバイオティクス(乳酸菌)
  • オメガ3(DHA、EPAなど)
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • セレン
  • ガンマリノレン酸

 

臨床経験豊富な「こころの専門家」である臨床心理士

「こころ」と「身体」の統合を図れるようにサポートいたします。
昔から東洋では「心身一如」と言って、 体とこころは一体で切り離して考えることはできないという考えは自然に受け入れられていました。
こころのアンバランスな状態が身体的な症状となって出現することは決して特別なことではありません。

臨床経験豊富な「こころの専門家」である臨床心理士が、皆様の「こころ」のストレスレベルなどを評価するとともに、皆様の「こころ」の特徴を知り、安定させていくことで、「こころ」と「身体」の統合を図れるようにサポートいたします。

images

箱庭療法

クライエントの方が、砂の入った箱の中にミニチュアを置くことによって、言葉では伝えきれない自分の心の中の世界を表現し、それを深く体験することによって、症状を消失させたり、対人関係を改善させたりするという狙いを持った心理療法です。

images

認知行動療法

自助力(セルフヘルプ)の回復や向上を目的とする、問題解決型の心理療法で、うつや不安などに効果があることが、諸研究によって確かめられている心理療法です。 とくに心理的な問題の再発予防効果が高いことが知られています。

images

催眠療法

潜在意識(無意識)に働きかけ,様々なイメージワーク等を行い, 新たな気づきや,問題の改善,気分・意欲の向上などを図ります。催眠とは,催眠術等の名称で,TV等で放映されているような怪しいものではなく, 精神分析のフロイト等も携わった歴史ある心理療法のひとつです。

images

EMDR

EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理法)は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対する心理療法です。これまでの治療方法では、起こったできごとのすべてをこと細かく語ることが必要とされることが多かったのに比べて、大変ストレスの少ない方法です。

image image image

トップへ戻る

内科・消化器内科・心療内科・慢性疲労・統合医療・腸内フローラ移植・SIBO
〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町8-2むービル2F(JR芦屋駅から北へ徒歩4分)
Email:lukesashiya@gmail.com
※メールで医療に関するご質問にはお答えできません。

― 予約優先制 ―
0797-23-6033

 
AM9:30-12:30
PM14:00-18:00

※土曜日9:30-14:00 ※休診日:火曜・日曜・祝日

©Luke's Ashiya Clinic

image image image

トップへ戻る