MENU

HOME > ブログ > SIBOの食事療法:Cedars-Sinaiダイエット

SIBOの食事療法:Cedars-Sinaiダイエット

2020年6月29日

SIBOの食事療法の一つとして低FODMAP食が有名ですが、それ以外でSIBOに対して有効とされているものの一つに、Pimentel博士らが考案したCedars-Sinai ダイエットがあります。
この食事法は低FODMAP食ほど厳格ではありませんが、同様の原則に従って構成されています。つまり、小腸内で消化されにくい食品を減らし、細菌がそれらを餌として利用できないようにします。

この食事療法では、頻繁に食べることを推奨していません。そうすることでMMC(Migrating Motor Complex:空腹時に起こる腸管の大蠕動)に影響を与え、腸を空にし、きれいにするのに役立ちます。

106005530_2770863206477219_1636822852313638985_o.jpg

Cedars-Sinaiダイエットの要点

  • コーンシロップ、マンニトール、ソルビトール、ラクトース、スクラロースなどの甘味料を避ける
  • 乳製品を避ける
  • 豆、レンズ豆、エンドウ豆を制限する
  • 1日に8杯の水を飲む
  • 牛肉、魚、鶏肉、卵などのタンパク質を体に適したサイズで食べる
  • 一部の炭水化物は問題ありませんが、体がそれらにどのように反応するかを観察する必要がある
  • 適度な果物はOK
  • でんぷん質のない野菜を食べる
  • 適度なコーヒーとお茶はOK。ソーダは避ける。

Cedars-Sinai Dietでは、腸蠕動を改善するために蠕動促進薬を服用し、不十分な場合はベタイン塩酸など胃酸分泌を補助するような方法もも含まれます。

トップへ戻る