MENU

HOME > ブログ > 腸内細菌と私たちの健康―脳機能編―

腸内細菌と私たちの健康―脳機能編―

2020年3月15日

腸内細菌は腸管神経系と中枢神経系とを結ぶgut-brain axis(腸・脳相関)と呼ばれるネットワークを介して脳に影響を及ぼしています。(最近では特に腸内細菌の働きの大きさに着目してmicrobita-gut-brain axisとも呼ばれます)

腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)は、自閉症、ADHD、神経変性疾患、不安症、うつなどとの関連が指摘されています。逆にいわゆる善玉菌と呼ばれるようなプロバイオティクスや食物繊維などのプレバイオティクスがこれらの疾患の症状を改善させる可能性が示唆されています。(Psychobiotics)

パーキンソン病や多発性硬化症などもdysbiosisとの関連が認められており、酪酸菌などを含むプロバイオティクスなどによる治療法の研究が進行中です。

これらの所見から腸内細菌は神経精神疾患の発症にいかに大きく関与している因子であることがわかるかと思います。

90400492_2682820148614859_3266801985612939264_o.jpg
(Photo by David Matos on Unsplash)

トップへ戻る