MENU

HOME > ブログ > なかなか良くならないお腹の不調とカビ

なかなか良くならないお腹の不調とカビ

2019年11月19日

過敏性腸症候群と診断されて治療を受けていてもなかなか良くならない方も少なくありません。

SIBOの合併も疑い、低FODMAP療法なども取り入れてもスッキリしないときは、「カビ」の影響を考慮する必要があります。

カンジダなどのカビが消化管で異常増殖すると、腸の感覚過敏を起こし繰り返す不調を起こすと考えられています。

カビは意外と見逃されがちですので、不調が続く場合は一度主治医と相談してください。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28624575

kabbbbbb.jpg

トップへ戻る