MENU

HOME > ブログ > 終末糖化産物(AGE)を溜めない生活

終末糖化産物(AGE)を溜めない生活

2018年12月11日

昨日のテレビ番組で「AGE」について取り上げたようですね。

「AGE」(Advanced Glycation End Products=終末糖化産物)とは、タンパク質と糖が加熱されてできた、老化を進行させる原因物質のひとつで、年齢とともに増えてくるシワやシミ、たるみの原因です。

o0558062714319122213.jpg

「AGE」値が高いと、肌のたるみやシワなど見た目の老化をまねくだけでなく、動脈硬化や心筋梗塞、がんなど、致命的な病気の原因にも関与することがわかっています。
「センテナリアン」と呼ばれる100歳を超えても元気な人たちの特徴として「慢性炎症」が少ないことが報告されていますが、糖化反応はAGEを蓄積させ、慢性炎症の原因となります。

ホットケーキを焼いた時のできる「きつね色」の部分こそ「糖化:グリケーション」現象です。(だいたい「美味しい」ものはキツネ色のものが多いんですよね。。。私は『褐色の誘惑』と呼んでいます。)

ホットケーキの材料は、小麦粉、卵、牛乳、砂糖などですが、これらの中の「タンパク質」に、加熱によって「糖」が結びつき「糖化」したものです。
そしてこの「糖化反応」は、食べ物だけでなく「糖」「タンパク質」「加熱」などの条件がそろうと、至るところで生じます。

つまり私たちの体温は36−7度ですが、体の中身がじっくりと調理されるかのようにじわじわと「糖化」が進んで行きます。特に体内に「糖」が過剰にあるときには「糖化」が進みやすくなります。
糖化は、いわば「タンパク質」にできた糖の「こぶ」のようなもので「糖」が体内に余分にあるほど、「タンパク質」にたくさんの「こぶ」ができてきます。
「タンパク質」がさらに高濃度の「糖」にさらされてしまうと本来の「タンパク質」とはまったく異なる「こぶ」だらけの物質となってしまい、元にもどることができなくなります。(グリケーションによる蛋白修飾)

この「こぶ」がたくさんついて変性した「タンパク質」が『AGE』(終末糖化産物)と呼ばれ、老化物質でもあります。

o1200030013825903651.jpg
※image:©AGE研究協会HP

慢性炎症を起こさせないためにも「抗糖化」生活を心がけましょう。

具体的には

  • 過剰な糖質摂取は控えること
  • 油などを使って高温調理されたもの
  • 褐色に色づいた食べ物などの過剰摂取も控えること
  • 酸化ストレスを減らすこと(禁煙、適度な運動、ストレスマネジメントなど)

などです。抗酸化物質をしっかり取ることも重要ですね。緑黄色野菜をしっかり取ることや、最近では私は水素治療にも注目しています。

AGEは年齢とともに上昇していきますが、年齢ごとの平均値と比べることであなたの体に蓄積したAGEが多いか少ないか評価することが可能です(細胞年齢)。

かつては一度蓄積したAGEは減少しないとも言われていましたが、最近の研究ではしっかり抗酸化、抗糖化を意識した生活を送るとAGEも減少することがわかって来ましたので、「AGEが高い」と言われた方も諦めずに抗糖化、抗酸化生活を目指しましょう。

当院では、非侵襲的にしかも短時間(12秒)でAGEを測定できるAGEreaderを導入しており、あなたのAGE蓄積具合を知ることが可能です。

o0265019013825906315.jpg

この測定を機に食生活を見直し、AGEの高くならない生活をご提案いたします。

「糖化」が気なる方はご連絡ください。

トップへ戻る