MENU

HOME > ブログ > 第2回 膠原病・自己免疫性疾患の方のためのグループ療法@西宮

第2回 膠原病・自己免疫性疾患の方のためのグループ療法@西宮

2016年7月15日

2回目のグループ療法の参加者を募集いたします。


慢性関節リウマチなどの慢性疾患を持つ患者さんに対してグループで行うカウンセリング「グループ療法」が海外でも研究され、痛みの改善や抑うつ症状の改善などQOLの向上に影響を与えるということが知られています。

関節リウマチをはじめとする自己免疫性疾患は身体的な疾患ではあるものの、患者さんの心理的・社会的、そしてスピリチュアルな側面にも大きな変化をもたらします。それ故に、身体的な治療のみならず、心理的・全人的(ホリスティック)なケアが必要とされています。

当院では2009年よりがんの患者さんのグループに「グループ療法」を行い、多くの方のコーピング・スキル(問題対処能力)の向上に貢献してきました。

この度、慢性関節リウマチをはじめとする「自己免疫性疾患」を患う方のグループ療法を行います。


目的 慢性関節リウマチをはじめとする膠原病・自己免疫性疾患(SLE、強皮症など)を持つ患者さん達が、心の痛みや不安を分かち合ったり、情報を共有したりする。
サイモントン療法のトピックを扱いながらリラクゼーションやイメージ療法を積極的に取り入れ、感情の安定を図るとともに自己治癒力を高める。
様々な困難に対するコーピング・スキル(ストレスに対する効果的な対処法)を身につける。
参加資格 膠原病・自己免疫性疾患経験者
日時 2016年9月8日(木)午後2時~3時30分
(3回目以降の日程は今のところ未定です。)
プログラム内容(抜粋) 自己紹介 / リラクゼーション(漸進性筋弛緩法、簡易式自律訓練法、腹式呼吸法など) / イメージ療法 / 教育的介入など
参加費 2,000円
場所

心と体のケアセンターひかり
城谷医院ではありません。ご注意下さい
西宮市神楽町5-31 第3七耀マンション 503号室
JR神戸線 さくら夙川駅 徒歩3分
(神楽町交差点モービルGS西隣

ファシリテーター(グループの司会進行者)紹介 ♦️城谷昌彦(しろたに・まさひこ)
  内科医。城谷医院(兵庫県福崎町)院長。
  日本消化器病学会専門医
  サイモントン療法認定カウンセラー

♦️城谷ひとみ(しろたに・ひとみ)
  臨床心理士。
  大学院生時代よりがんサポートグループに参加。
  周産期や子育て世代の女性支援活動や小児発達相談に関わる。

t02200147_0800053313673830458.jpg

※注意
初めて参加される方には、事前に医師または臨床心理士による カウンセリングを行います(2,000円/約 30分。日程はお申し 込み時に調整)。カウンセリングの内容次第では、グループで はなく個人でのカウンセリングをお勧めする場合がございます。
グループ療法の効果を最大限期待するためにグループの人数を 8人までと限定させていただきます。参加希望人数が 2 人に満 たない場合は中止されることがありますのでご了承ください。
このプログラムは、患者会ではありません。積極的に QOL向上を目指した構造化されたプログラムです。
グループに参加できない方のための個人カウンセリング(10,000 円~/時間)も行っております。気軽にご相談ください。

トップへ戻る