MENU

クリニック 特徴 診療案内 治療・検査 ブログ

治療・検査

副腎疲労

image

血糖を測定してわかる副腎疲労

FeeStyle Libreを使って血糖を持続測定していますが、このデータから様々なことがわかります。
本来、血液中の血糖をエネルギーとして使い切ると体は恒常性を保とうとして肝臓での糖新生が起こり、血糖を維持しようとします。
しかし、副腎疲労などによりコルチゾールの分泌不全があると低下しかけた血糖を維持できず、そのまま低血糖になってしまいます。

副腎疲労の確定診断には、機能性低血糖の存在に加え、唾液中コルチゾール検査でコルチゾールの日内リズムを確認し、さらに副腎疲労の背景に存在することの多い腸内環境の乱れを確認するためにIgG食物過敏症検査やカンジダ抗体などの検査が手がかりになります。
その他にも重金属の蓄積が副腎疲労の症状を悪化させているケースもありオリゴスキャンや毛髪ミネラル・重金属検査が大きな手がかりとなるケースもあります。
気になる症状のある方はどうぞご相談ください。

 

副腎疲労の確定診断に必要な検査

images

唾液中コルチゾール検査

唾液中のコルチゾールの日内変動を調べることで副腎疲労の程度、ステージを知ることが可能です。

検査費
17,600円(税込)
images

遅延型フードアレルギー検査

遅延型フードアレルギーは摂取後数時間から数日経ってから起こるアレルギー反応で、腸内環境の乱れ(リーキーガット症候群)と関連しています。

検査費
38,060円(税込)
images

尿中有機酸検査

腸内細菌の産生する毒素や、ミトコンドリアでの代謝産物などを調べることが可能で、腸内環境や、ミトコンドリアの活性などを知ることができます。

検査費
41,800円(税込)
images

毛髪ミネラル重金属検査

ミネラルバランスの乱れや有害金属の蓄積はミトコンドリア機能を低下させ、結果として副腎疲労の原因となります。毛髪は、汗や便などと同じように体内の重金属などの毒素を体外へ出す役割があるため、毛髪を調べることで体内のミネラルバランスや有害金属の排泄能を知ることが可能です。

検査費
18,700円(税込)
images

心理検査

精神的なストレスが副腎疲労の大きな原因の一つですが、意識できるストレスは比較的対処できやすいのですが、無意識に押しやられたストレスにはなかなか気づきにくいものです。必要な場合にはカウンセリングを通して、ご自身の思考(物事の捉え方:考え方のクセ)を知り、より健全な思考を育めるようにサポートいたします。

image image image

トップへ戻る

内科・消化器内科・心療内科・慢性疲労・統合医療・腸内フローラ移植・SIBO
〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町8-2むービル2F(JR芦屋駅から北へ徒歩4分)
Email:lukesashiya@gmail.com
※メールで医療に関するご質問にはお答えできません。

― 予約優先制 ―
0797-23-6033

 
AM9:30-12:30
PM14:00-18:00

※土曜日9:30-14:00 ※休診日:火曜・日曜・祝日

©Luke's Ashiya Clinic

image image image

トップへ戻る