MENU

細胞ドック

CellularDock

細胞環境デザイン学に基づいた『細胞ドック』

通常の人間ドックでは、主に「臓器レベル」の異常を早期に発見し、
早期に治療するというのが目的ですが、
当院がご提案する「細胞ドック」では、主に「細胞レベル」、「分子レベル」の異常を発見し、
 病気になる前に対処したり、あるいは、さらなる健康を手に入れるためにご活用ください。

「細胞環境デザイン学」の考え方

細胞環境デザイン

『治癒は各種細胞の共同作業によって完了するー  
細胞は薬ではなく、最高の働きができる「環境」を欲しがっている』

遺伝的な疾患などの特殊な場合を除くと、“治癒”とは、私たちの体が受けた損傷を元通りに修復することを言います。そしてその修復を行うのは、けっして薬ではなく、医療機関でもなく、最終的には私たちが備え持っている“治癒力”です。

“治癒”は細胞たちの共同作業によって初めて成し遂げられるものであり、私たちの細胞たちが修復作業に集中できる環境を整えてやることこそが“治癒”であると考えるのが杏林予防医学研究所所長の山田豊文先生の提唱する「細胞環境デザイン学」の基本的なコンセプトです。

古代ギリシャの医聖と言われるヒポクラテスは医療を志す人に対し、次のような言葉を残しています。

“First, do no harm.” - 何よりもまず、害をなすことなかれ -

 医師が行う治療は、大前提として、それを受ける患者にとって「害」のあるものであってはいけないのです。

 西洋医学に基づく現代医療で救われた命はたくさんあったかもしれません。しかし、侵襲性が高い、薬任せの処置では対応できない疾病が激増しているのも事実です。

 当院は「細胞環境デザイン学」の考えのもと、細胞の視点に立って細胞の喜ぶ環境作りに取り組んでいます。私たちの細胞は、適切な環境が整えば本来の力を遺憾なく発揮してくれます。
近年の社会構造の複雑化に伴い細胞を取り巻く環境は決して優しいとは言えません。

「細胞ドック」では、下記検査を用いてあなたの細胞のストレス状態や取り巻く環境を調べ、あなたが細胞レベルの健康を取り戻すためにお役立ていただけます。

「細胞ドック」は、今までの「人間ドック」とはドコが違うの?

人間ドック

病気の早期発見ではなく、
あなたの体の状態に即した具体的な疫病予防を行いませんか?

私たちの体は約200種類、約60兆個の「細胞」から成り立っています。

「組織」は、関連する細胞の集まりで、「臓器(器官)」は、関連する機能の組織があつまったものです(心臓、肺、腎臓など)。

器官系は、関連する臓器の集まりです(循環器官系、消化器官系など)。

通常の検査の組織や細胞を取って検査する「組織診断」
組織診断は、組織や細胞の形を顕微鏡で見て、異常がないかを判断します。

「細胞ドック」で扱う「バイロジカル検査」では、細胞や分子が本来の機能を果たせる環境に置かれているかを検査します。つまり通常のドックでは、「臓器」や「組織」の状態を検査するのに対して、バイロジカル検査では、「細胞の働き具合」を分析することで、体全体の状態を把握します。

バイロジカル検査の結果、細胞の働きが落ちている場合には、不足している栄養素を足したり、不要な毒素を解毒しながら細胞の機能を活性化させ、本来細胞が持つ「自己治癒力」を高めることによって、細胞→組織→臓器→器官系→全身へと、自分自身で健康へ導かせます。

臓器(器官)には、それぞれ重要な役割があります(心臓・肺・胃・眼…)が、中でも特に体の機能のバランスを司っているのが、「腸」です。

「腸」の役割は、胃で消化された食物を栄養として「吸収」するという役割が一般的ですが、必要な要素を吸収するために、必要ではない「異物」(毒・添加物・重金属 等)を排除する役割も持っています。

「細胞ドック」では、微量栄養素の欠如(ビタミン・ミネラル)、毒素の蓄積(有害金属や悪玉腸内細菌の出す毒素)、腸内環境を中心にあなたの「細胞レベル」の健康を診ていきます。

トップへ戻る