MENU

HOME > ブログ > 栄養療法による発達障がい治療と支援

栄養療法による発達障がい治療と支援

2016年7月25日

第6期分子栄養学実践講座が終了しました。

早いもので私が本格的に分子栄養学を学び始めて1年2カ月が経ちました。
毎回講座に参加するたびに新しい情報のシャワーを浴び、今までになかったアプローチを知り、これまで対症療法で症状を抑えるのがやっとだった外来が様変わりしました。

昨年の秋には、学んだ最新の情報を必要な人に提供できるように栄養外来(免疫・栄養外来)を始め、徐々にですが共感してくださる方も増えてきました。
今後さらに多くの方に、分子栄養学に基いた治療を提供して行きたいと思います。

第6期の最終回は最新の精神疾患に関しての講義でした。
自閉症やうつなどの治療に、ここ十数年でその重要性がわかってきた「メチレーション」の概念が取り入れられるようになりました。

メチレーションは細胞の中で起こる代謝経路の一つで、歯車のように他の代謝経路と関連し合いながら遺伝子のonやoffに関わっている反応です。
自閉症の98%はメチレーションの回路が上手く働いていないことがわかっています。
自閉症やうつの診断はされていなくても、幾つかの質問票に答えることで、メチレーションが回りすぎなのか、あるいはあまり回っていないのか目星をつけることが可能です。

さらに詳しく知るために遺伝子検査などの幾つかのバイオロジカル検査を受ける事で、今の不調や辛さの根本原因を知ることが可能です。
(⬇︎遺伝子検査でメチレーションに重要な葉酸代謝に遺伝子多型がないかを調べます)

o0480085213706700886.jpg

さらに発達に偏りのある方では、体と神経系の繋がりが粗な場合があり、「ブレインジム」など感覚統合を目的としたプログラムも提供できるよう現在準備中です。
また、臨床経験豊富な臨床心理士による発達相談では、その方の良い部分を引き出せるような支援が可能です。

大切な人の発達が気になる方や、うつでお悩みの方、一度ご相談ください。

トップへ戻る