MENU

根本治療にあたり重要な「腸内環境」と「脳内環境」を整える「腸脳プログラム」

当院では、様々な疾患の根本治療を目指すにあたり、乱れた「腸内環境」と「脳内環境」を整えていくことを柱としています。
腸内環境の改善が、免疫機能を調整し、腸管バリア機能を高め、
食事から摂取される栄養素の消化吸収が円滑に行われることとなり、
様々な疾患の改善につながることが期待されます。
腸内細菌・腸・脳相関
さらに、「腸内細菌・腸・脳相関」の観点から、
「脳内環境」を整えることでストレス耐性を高め、
結果として腸内環境改善のみならず、
全身疾患の治療効果も高まることが期待されます。

< 腸脳プログラムの4R >

Remove
(除去)

除去

除去すべきもの:小麦、乳製品、精製された糖質、質の悪い油、食品添加物、遺伝子組み換え食品、農薬、人工甘味料、有害金属(歯科充填物、大型魚)、カンジダ

Replant
(植菌)

植菌

発酵食品、動物との触れ合い、庭いじり、有機農産物、海水浴、森林浴、地元産の蜂蜜、地産地消

Repair
(修復)

修復

ボーンブロス、有機農産物、発酵野菜、発酵飲料、高繊維食品、豆乳ヨーグルト、プロバイオティクス、消化酵素、L-グルタミン、アダプトゲン、デトックスサプリ、コラーゲン、レモン水、梅干、お酢

Release
(解放)

解放

マッサージ、アロマセラピー、ストレッチ、Mg入り入浴剤、森林浴、高強度インターバルトレーニング、瞑想、ヨガ、ハーブ、気分を高める読書、心理カウンセリング

Clinical programs診療プログラム

腸内環境
1000兆個もの菌で構成される「腸内環境」

経口での栄養補給では効果が不十分な場合、より短時間での効果を期待して点滴や静脈注射による栄養素の補給を行います。

腸内環境を調べる検査
腸内環境を調べる検査

当院で採用している腸内環境を調べる検査は、遅延型フードアレルギー検査、尿中有機酸検査、腸内フローラ検査、総合便検査、ペプチド検査、SIBO検査(呼気検査)

SIBO(小腸内細菌異常増殖症)
SIBO(小腸内細菌異常増殖症)

様々な原因により小腸内に、細菌が異常増殖することで、腹部膨満感や腹痛、腹鳴、下痢や便秘などの消化器症状を起こす病態のことを指します。

栄養療法
栄養療法

栄養療法. 分子栄養学的な解析により、不足している栄養素や体内に蓄積している毒素を測定し治療を進めます。

腸内フローラ移植
腸内フローラ移植

崩れてしまった腸内細菌のバランスを整えるため、健康な人の腸内フローラを移植するという治療法に期待が高まっています。

心理療法
心理療法

ライフスタイルを見直し、コルチゾール(ストレスを受けた時に分泌が増えるホルモン)を無駄遣いしないようにします。必要に応じて心理カウンセリングを併用します。

ルークス芦屋クリニック

トップへ戻る